◆ケイモウ・アナライズ◆

森羅万象のニュースを啓蒙&分析・・・してるつもり

カレンダー 

プロフィール 


satoshi

  • Author:satoshi
  • 生産地:福岡
    生息地:大阪

  • ◆Mail
    3104kunアットマークgmail.com
    (アットマーク→@に)

    ◆Twitter
    twitter.com/oo_kun

リンク 


出来事。light
↑『出来事。light』様↑

RSSフィード 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

「萌え」とは? ~sprout~

2005.08.02
低迷する日本経済の救世主と言われる「萌え文化」について考えよう。

今回は、男性向けに書くつもりなので、
女性の方はあまりご覧にならない方が良いと思われる。


・・・というより、女は読むな!!(笑)


それでは世の男性諸君。
とりあえず「萌えた」ことはあるのか?

この「萌え」の感情をオレはオレなりに分析してみた。

結局、「萌え」というのは人間の五感を通じて感じるものであり、
異性や動物(まれに同性)の言動に
何とも言われぬ愛おしさを抱くことではないか。

この「何とも言われぬ」という言葉がカギ。
つまり言葉では言い表せない感覚的なモノだということだ。

今まで言われてきた言葉で表すとすると、
「キュンとなる」とか「ハートをクリックされる」とか、その類ではないか。

そこで、お前ら、経験したことでも聞いたことでも良いので、
今まで最も「萌えた」言動は何か言ってみろ。

オレはコレだ。


以前、バイトをしていた時のこと。
オレは倉庫で荷物の整理をしていた。
そして、その倉庫には一緒に片付けていた同じバイトの女性がいた。
(その女性はお前らが考え得る限りの最もカワイイ女性を想像しろ)

オレはその子の近くにある荷物を取って欲しかったのだが、
ただでさえキツくて、しゃべるのがメンドくさかったので、
何も言わず荷物を指差した。

すると、その子は何を思ったか、オレの指先に自分の指先を当て、
おもむろに首をかしげて「ニコッ」と笑ったのだ。


いやぁ、これはホンマに萌え殺されるかと思ったね。



・・・「萌え」って、こんなもんちゃうの?(笑)
2005/08/02 23:36|雑記TB:0CM:2
 
コメント

わお!satoshiさんって、可愛いんですねえ、ぷっ。

そっかあ、『萌え』ってそういう意味だったのかぁ。
昔から女扱いを受けてこなかった女ですが、読んじゃいました。
ぷぷっ。
ケ・セラ母ちゃん #OR1oSmd2|2005/08/15(月) 02:37 [ 編集 ]
 

ええっ?可愛いッスか?

まあ、まだ非生物(人形等)や幼女に
萌えないだけマシかな・・・と(笑)
サトシ #-|2005/08/15(月) 13:00 [ 編集 ]
 
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://talkman.blog6.fc2.com/tb.php/92-a42abfe7

Information 

ケイモウアナライズ内検索




●身近なニュースから世界のニュースまで独自に紹介するブログです●
*各サイト様からいろいろなニュースや画像をお借りしております。
*何かしら問題等ございましたら、お手数ですがコメントやメールにてご連絡下さい。
*コメント等での特定の個人や団体に対する誹謗中傷は厳禁致します。
*リンク先のコンテンツにより生じた損害は免責とさせて頂きます。
*常識的なコメントは大歓迎♪です。是非お待ちしております。











竹島は日本の領土です

別に煽っているワケではなく、
正確な論理と資料で、
歴史を再認識しようということ。
↓英語ページ↓
Dokdo(in English)






頂き物

サンキュー!ぼぶ♪
『今日もロッベン・インパクト+』
マブダチのboban様♪より
頂きました!




Admin

最近のコメント 

最近の記事 

月間アーカイブ 

最近のトラックバック 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006 ◆ケイモウ・アナライズ◆ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。