◆ケイモウ・アナライズ◆

森羅万象のニュースを啓蒙&分析・・・してるつもり

カレンダー 

プロフィール 


satoshi

  • Author:satoshi
  • 生産地:福岡
    生息地:大阪

  • ◆Mail
    3104kunアットマークgmail.com
    (アットマーク→@に)

    ◆Twitter
    twitter.com/oo_kun

リンク 


出来事。light
↑『出来事。light』様↑

RSSフィード 

ブロとも申請フォーム 

この人とブロともになる

スポンサーサイト

--.--.--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- --:--|スポンサー広告
 

貴公子 ~a young nobleman~

2005.07.12
橋本真也のニュースはショックだった。
たいしてプロレスは好きではなかったのだが、
あれだけ一世を風靡したレスラーが
あの年齢で亡くなってしまうのは、
プロレスファンだけでなくとも驚きを隠せないだろう。

そんなことを考えていると、ふと1994年5月1日のことを思い出した。

そう、アイルトン・セナが事故死した日である。

元来、F1好きなオレはその日も当然のように
サンマリノGPをTV観戦していた。

アラン・プロストとの確執、勝てるチームへの模索、
それらを繰り返してのウィリアムズへの移籍初年度。
その年も第1戦・2戦とポールポジションをゲットしたが、
本戦では連続リタイア。
意を決して臨んだサンマリノGP!・・・のハズだった。

不吉な前兆は前日の予選からあった。

予選におけるローランド・ラッツェンバーガーの事故死。

31歳と遅咲きドライバーのデビューイヤーは3戦目の本戦を戦わずに終わった。

その時、冥福を祈るドライバー達を見ていると、
イヤな予感は否が応でも浮かんでくるのだった。

そしてその予感は的中する。

奇しくも高速コーナーで名を馳せるサンマリノ。
そしてその中でも最もチャレンジングスピリットをくすぐられる
魔の『タンブレロコーナー』

クラッシュした瞬間は、「あ、たいしたことないな」と思っていた。
しかし、しばらくして今宮純の真剣な顔とこもった声が聞こえた時、
「・・・ああ、とんでもないことになったんだな」
と確信した。

あの時は、知らず知らずのうちに正座してテレビを見ていた。
そんなことは後にも先にも、天皇賞のサイレンススズカくらいなモノである。

嫌いだったセナの死にここまでヘコんだのは、
やはり彼が「音速の貴公子」だったからなのだろう。
2005/07/12 23:07|雑記TB:0CM:0
 
コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 
トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://talkman.blog6.fc2.com/tb.php/76-56a34858

Information 

ケイモウアナライズ内検索




●身近なニュースから世界のニュースまで独自に紹介するブログです●
*各サイト様からいろいろなニュースや画像をお借りしております。
*何かしら問題等ございましたら、お手数ですがコメントやメールにてご連絡下さい。
*コメント等での特定の個人や団体に対する誹謗中傷は厳禁致します。
*リンク先のコンテンツにより生じた損害は免責とさせて頂きます。
*常識的なコメントは大歓迎♪です。是非お待ちしております。











竹島は日本の領土です

別に煽っているワケではなく、
正確な論理と資料で、
歴史を再認識しようということ。
↓英語ページ↓
Dokdo(in English)






頂き物

サンキュー!ぼぶ♪
『今日もロッベン・インパクト+』
マブダチのboban様♪より
頂きました!




Admin

最近のコメント 

最近の記事 

月間アーカイブ 

最近のトラックバック 

メールはこちらから 

名前:
メール:
件名:
本文:

Copyright(C) 2006 ◆ケイモウ・アナライズ◆ All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。